保険外治療について

こんな治療・施術もおまかせください

柏原市の皮膚科「モアクリニック」では、保険治療でご紹介した症例や美容治療でご紹介した施術のほかにも、さまざまな治療・施術・ケアを行っております。女性はもちろん、男性の患者様の診療も数多く行っておりますので、お肌や頭皮のことでお悩みの方は、まずはお気軽にご来院ください。

  • 酒さ(しゅさ)
  • 巻き爪
  • 多汗症

ニキビや発疹に似た「酒さ(しゅさ)」

「酒さ」とは、鼻や頬、口の周囲などに、赤みや毛細血管の浮き出た状態が現れ、徐々に進行していく皮膚病です。ほてりやかゆみ、ヒリヒリ感を生じることがあります。初期の症状は、発疹や日焼けに似ていますが、それらとは異なる疾患です。治療すべき症状だと気づかない患者さんが大変多くいらっしゃいます。
FDAで酒さ治療に承認のとれた外用剤を数種類ご用意しております。症状に合わせた薬剤を選択し治療にあたっております。尚日本では未承認のため保険適応外治療となります。

「酒さ」の気をつけるポイント

「酒さ」は以下のことに気をつけながら、治療を進めていく必要があります。

  • 皮膚を刺激しない
  • 乾燥を避け、適度に保湿する
  • 洗顔時などに顔をこすりすぎない
  • 日焼けを避ける
  • 辛いもの・アルコール・コーヒーを摂りすぎない
  • 睡眠をよくとる
  • 過度のストレスを避ける

巻き爪の治療法

治療法1 テーピング療法

治療法1 テーピング療法

巻き爪専用の矯正グッズ「ケアテープ」を使った治療法です。テーピングにより爪を食い込まないようにします。時間のかかる治療のため、根気よく取り組むことが大切です。

治療法2 コットンパッキング

巻き爪がまだ軽度の際には、「コットンパッキング」で矯正します。爪をお湯などで柔らかくしてから巻き爪と皮膚が接触している箇所へコットンを詰め込み、正常な形状へと矯正していく治療法です。比較的早めの改善がみられます。

痛みのない巻き爪矯正「VHO」

「VHO」は、強力なワイヤーを巻き爪に引っかけ、正しい爪の形へと導いていく矯正治療です。ワイヤーは深くまで食い込むことがないため、痛みはありませ ん。矯正完了には半年から1年ほどかかり、また保険外治療となりますが、 術後の痛みがなく、装着当日から入浴なども問題なくできるという点で画期的な治療法です。当院では、患者様一人ひとりに合わせて適切な矯正器具をお作りしています。

VHOによる巻き爪矯正の流れ

気になる大量の汗「多汗症」

「大量の汗」や「汗のニオイ」など、汗の悩みがある方はいませんか?
下記のような症状がある方は、「多汗症」かもしれません。

  • 普通の人よりも異常な量の汗をかく
  • 暑くないのに、汗が出る
  • 運動していないのに、汗が出る
  • 汗が出ていることを意識すると、さらに汗が出る
  • 文字を書くとき、紙が濡れてしまうほど手から汗が出る
  • 下着やシャツに汗じみができる
  • 汗のニオイが気になる

「多汗症」とは、大量の汗をかく病気です。そもそも、汗は「気温や湿度が高くなると出る汗」と「緊張やストレスから出る汗」があります。前者の汗は、汗をかくことで皮膚表面の水分を蒸発させ熱を奪い体温を下げるという「体温調整」の役割を果たしています。一方の後者の汗は、体温調節とは関係がありません。なお、多汗症の場合は、前者、後者の汗の量よりも、さらに大量の汗をかきます。

多汗症の種類

多汗症は、2種類あります。

 

まず、「全身性の多汗症」です。これは、全身から大量の汗が出るのが特徴です。原因がわからないこともありますが、神経系疾患、貧血、バセドウ病が原因で起こることが多く、その病気を取り除くことで治療ができます。

 

次に、「局所性の多汗症」です。これは、汗腺(汗が出る腺)が集中している部位から大量の汗が出るのが特徴です。手の平に汗をかく「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」、足の裏に汗をかく「足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)」、脇の下に汗をかく「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」があります。

 

全身性、局所性ともに、精神的な緊張やストレスから余計に汗が出てしまうことがあります。これは、汗腺が神経に支配されているためです。自分自身で汗かきを気にしないように心掛けることも大切です。ただ、「自分の汗の量」と「他人の汗の量」を比較することは難しく、多汗症だと気付かず、大量の汗に戸惑ったり不安になったりする方もいます。また、汗が多いと、まわりの視線が気になり精神的に辛いものです。

 

「多汗症なのかどうか?」確かめるために、そして、日常生活をより快適に過ごすためにも、柏原市の皮膚科「モアクリニック」へご来院ください。なお、多汗症は珍しい病気ではありません。さまざまな治療や施術があります。自律神経を整える安定剤を服用したり外用薬を使用したりと、さまざまな方法で症状を和らげることができますので、お気軽にご相談ください。

お電話でのご予約・お問合わせはこちらまで 大阪・柏原市 皮膚科・アレルギー科 モアクリニック 電話:072-975-1112 診療時間 9:30~12:30、15:00~18:00 (休診)木・日・祝

このページの先頭へ